会長あいさつ

2018-2019年度クラブ運営方針

 

会長 永島 清孝

会長 永島 清孝

 

50年を経て、さらに求める「奉仕の理想」

 

皆様も御承知の通り我が米子東ロータリークラブは、1968年に創立されて以来、昨年度は50年を迎え、記念事業・記念式典が会員全員の協力により盛大に執り行われ、我がクラブのチームワークと大きなパワーを感じました。
このことは、歴代の先輩諸氏によって築き上げられた輝かしい歴史と伝統を引き継いできた会員各位が、心をひとつに熱き心をもってクラブの成長と発展に努めてきた証であります。
私達は、この素晴らしい財産を持つ米子東ロータリークラブが、将来に向けてさらに充実して大きく飛躍するための原動力とならなければなりません。
そのためには、ロータリー活動を自己研鑽の場として、先ずは例会に出席をして、ロータリーを理解することが大切なことだと思います。そして、会員同士の絆を深め、各種行事にも積極的に参加をして、クラブの運営に協力をしてゆくことが、クラブの活性化と将来の発展に繋がる基になるのではないでしょうか。
今や、地域・社会・国・世界はこれまで予想もしていなかったような速さで大きく変化をしています。私達は、良い伝統は守りつつ、時代に合わせて先を見据えながら、変化してゆかなければ、進化はありません。
国際ロータリーの会長 バリー・ラシン氏のテーマは、「インスピレーションになろう」 BE THE INSPIRATION「ロータリー活動を一層鼓舞しよう」ロータリーの合言葉は「持続可能性」です。
RI第2690地区ガバナー 末長範彦氏の地区スローガンは「チャレンジしよう」です。
51年目に入った今年度は、新しい時代に向けて、進化の兆しが見える年度にしたいと思います。親愛なる会員の皆様と共に、ロータリアンとして、自覚と誇りを持ち「奉仕の理想」を求めてさらに前へ進んでまいりましょう。

 

重点方針

  1. 会員の増強
    クラブ会員全員で取り組む増強活動。(純増10名を目標)
    女性会員の増強。(純増1名以上を目標)
  2. 会員同志の絆の強化
    会員同志の声掛けによりお互いの絆を深める。
    各親睦会を充実させる。
  3. 例会の充実
    満足感のある例会作り。
    出席率の向上に努力。(ホーム出席75%以上目標)
  4. 奉仕活動の充実
    地域のためになる各奉仕活動へ積極的に参加。
    第16回米子市中学生作文コンテストの実施。
    インターアクトクラブへの支援。
    未来を担う青少年の育成に協力。
  5. 財団への寄付の協力
    ポリオ撲滅に協力。
  6. 友好クラブとの交流に努める

会長 永島 清孝

ロータリー歴

◎1995年 7月 5日

米子東ロータリークラブ入会

◎1997~1998年度 新世代活動委員会委員長
◎2004~2005年度 雑誌委員会委員長
◎2006~2007年度 職業奉仕理事
◎2007~2008年度 クラブ会報委員会委員長
◎2009~2010年度 インターアクト委員会リーダー
◎2010~2011年度 会場監督理事
◎2011~2012年度 副幹事理事
◎2012~2013年度 幹事理事
◎2013~2014年度 ロータリー情報委員会リーダー
◎2016~2017年度 奉仕プロジェクト理事
◎2017~2018年度 副会長理事
◎マルチプル・ポール・ハリス・フェロー
2018-19年度 国際ロータリーテーマ
  • ロータリー文庫
  • ガバナー月信 国際ロータリー第2690地区